スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川啄木の歌碑

                        啄木は旧釧路新聞の記者として活躍しますが、わずか七十六日間で
                 釧路を去り後に歌集「一握の砂」を発表します。
                その中に載っている歌と釧路詞壇に発表した歌が歌碑として建立されました


                                s-007DSC_0210.jpg   
                                                   
                                                                           港文館前の啄木像     
            
     石川啄木の歌碑       啄木資料の展示場所     歌碑周辺・その他
  建立時期(年代順)と場所  港文館    幣舞橋
       
   
        
       
     
スポンサーサイト

テーマ : 北海道/道東
ジャンル : 地域情報

釧路停車場跡

【1】 釧路停車場跡(交流プラザさいわい前)
          ss-DSC_0007.jpg                      

   浪淘沙
   ながくも聲をふるはせて
   うたふがごとき旅なりしか

                        

    
建立場所 幸町9-1
       建立年月日 1983年(昭和58年)8月5日
       撮影2009年11月


        
     
     



      啄木は明治四十一年一月十九日午前十一時四十分汽車で小樽を発ち
  途中岩見沢と旭川で宿泊。
  二十一日午前六時半、釧路新聞社長の白石義郎と旭川を発ち午後三時半
  帯広町を通過し、九時半釧路停車場に到着し迎えに来ていた佐藤国司らと
  歩いて
幣舞橋を渡り、浦見町にある佐藤宅に旅装をとく。
  四月五日に釧路を離れるまでの七十六日間滞在し、釧路新聞記者として
  過ごしました。
   
                                DSC_0027.jpg                                                                             
歌碑の横の案内板には、明治三十四年釧路と隣町の白糠間に鉄道が開通して現在地の周辺に駅構内があったと記してあります。



撮影2009年11月





                                                                                                                                                                                                                
               IMG_6965-x.jpg
現在工事中の為歌碑は見ることは出来ません。
釧路観光協会発行のガイドマップ表情多彩に拠りますと平成22年度内工事中と有りますので、行かれる時は事前に確認された方がいいです。

左の写真は2010年10月18日撮影







        

南大通2丁目

【2】南大通2丁目の歌碑

DSC_0030-x.jpg

   北の海
   鯨追ふ子等大いなる
   流氷来るを見ては喜ぶ


       建立場所 南大通2-7
       建立年月日 1994年(平成6年)1月31日
      撮影2010年9月


DSC_0012.jpg 
幣舞橋を渡り南大通に入ると右側の歩道のすぐの所に「くしろ歴史の散歩道」のプレートがあり要約すると「明治40年(1907年)に釧路函館の鉄道が開通、同42年には釧路港の修築工事が着工し、人と物の交流が盛んになり駅と港を結ぶ道筋の街並は活況を呈した。
くしろ歴史の散歩道は当時の駅舎と中心街であった南大通そして旧釧路港船着場を結ぶ釧路発展の基礎をなした産業・経済・文化の足跡をたどる散歩。」と記してある。



DSC_0015.jpgこのプレートから左側の歩道に渡ると約200メートル先の歩道のレンガ作りの花壇の中に「北の海・・・」の歌碑が建っています。

IMG_5589-x.jpg IMG_5590-x.jpg 

      歌碑の側面には釧路停車場を背に                                                  歌碑頭頂部             
      した啄木のレリーフが彫られている。                                          くしろ歴史の散歩道表示

     DSC_0023.jpg
     この碑から向こう側に歩いて信号を渡った
      すぐの所に小奴の碑がある。










小奴碑

【3】 南大通3-2 小奴碑

IMG_5596-x.jpg
         
      建立場所 南大通3-2   建立年月日 1966年(昭和41年)12月18日  
              
              記されている碑文3首

        あはれかの国のはてにて    小奴といひし女の      
   
酒のみき               やはらかき
   
かなしみの滓を啜るごとくに   耳朶なども忘れがたかり
        
      舞へといへば立ちて舞ひにき
      おのづから
      酒の酔ひにたふるるまでも

IMG_5599-z.jpg 
          
          この場所は小奴の母親が経営していた近江屋旅館あとで、
           小奴も後に母親の後をついで経営にあたるが昭和29年には経営が
           思わしくなく廃業、売却している。
    
 



釧路新聞社跡

【4】 大町2-2 (シェル石油スタンド-釧路新聞社跡)

IMG_5552-x.jpg 
十年まへにつくりしといふ漢詩を
酔へば唱へき
旅に老いし友





  建立場所 大町2-2
   建立年月日 1983年(昭和58年) 8月5日


   この歌碑の横には【釧路新聞社は明治35年創立され41年ここに赤レンガで新築
     された】としるされている。
  啄木が釧路についた二十一日の前日には新社屋は完成し引越しも終わっていた。
   出勤した啄木はこの社屋のことを二十二日の日記のなかで「・・・ 昨日迄に移転を
     了した新社屋は、煉瓦造でうつくしい。・・・」とかいています。

IMG_5561.jpg
 この碑はスタンドの敷地内に有り私が最初に
見に行ったときは、止めてあった車の陰に
なっていたので、気が付かず二十分程辺りを
探しました。それでもわからないので近くに
あるコンビに行き店員さんに教えて貰いました。
写真はスタンドの方にお願いして車を移動させてから
写したものです。 
写真の左側街路樹の陰になっていますが、
この先約100メートル程の所に旧釧路新聞
社屋を復元して建てられた港文館があります。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。