スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路停車場跡

【1】 釧路停車場跡(交流プラザさいわい前)
          ss-DSC_0007.jpg                      

   浪淘沙
   ながくも聲をふるはせて
   うたふがごとき旅なりしか

                        

    
建立場所 幸町9-1
       建立年月日 1983年(昭和58年)8月5日
       撮影2009年11月


        
     
     



      啄木は明治四十一年一月十九日午前十一時四十分汽車で小樽を発ち
  途中岩見沢と旭川で宿泊。
  二十一日午前六時半、釧路新聞社長の白石義郎と旭川を発ち午後三時半
  帯広町を通過し、九時半釧路停車場に到着し迎えに来ていた佐藤国司らと
  歩いて
幣舞橋を渡り、浦見町にある佐藤宅に旅装をとく。
  四月五日に釧路を離れるまでの七十六日間滞在し、釧路新聞記者として
  過ごしました。
   
                                DSC_0027.jpg                                                                             
歌碑の横の案内板には、明治三十四年釧路と隣町の白糠間に鉄道が開通して現在地の周辺に駅構内があったと記してあります。



撮影2009年11月





                                                                                                                                                                                                                
               IMG_6965-x.jpg
現在工事中の為歌碑は見ることは出来ません。
釧路観光協会発行のガイドマップ表情多彩に拠りますと平成22年度内工事中と有りますので、行かれる時は事前に確認された方がいいです。

左の写真は2010年10月18日撮影







        

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。