スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大通4丁目

【6】 南大通4丁目  釧路信用金庫南支店前


IMG_5609.jpg    
 神のごと
 遠く姿をあらわせる
 阿寒の山の雪のあけぼの

  
      建立場所 南大通4-8
  建立年月日 1997年(平成9年)10月1日

  啄木は四月五日の朝、酒田丸で釧路を去りますがこの日の日記に「七時起床。
    荷役の人夫に頼んで、ハガキを三枚だす。石炭を積み了つて七時半抜錨。
    波なし。八時港外に出た。氷が少し許り。
    後ろには雄阿寒雌阿寒の両山、朝日に映えた雪の姿も長く忘られぬであろう。
    知人岬の燈台も程なくして水平線上に没した。・・・」と書いています。
  
 
この歌と同じ歌碑が阿寒湖畔のボッケの近くに雄阿寒岳を背にして建っています。

DSC_0003.jpg
【3】番の小奴の歌碑から南大通四丁目の方へ歩いて約170メートル程行くと歩道の反対側に釧路信金の看板がみえてきます。

DSC_0013.jpg
6】番の信金の歌碑のすぐ傍に【7】番の歌碑「わが室に・・・」がある。

DSC_0016.jpg
奥の交差点の角に【9】番の啄木ゆめ公園がみえます。









コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。